重要なお知らせエリアを非表示

2020/11/21 13:02

商品の在庫とご予約について

studio482+で販売している商品は、手仕事の道具が多く、製作に時間がかかります。また、製作してくださる職人さんが少ないために入荷数も少なく、オンラインショップになかなか出品できないものも数多くあります...

2021/06/04 17:03

焼く、炒める、揚げる、をこれひとつで!鍛冶職人のフライパン

鉄フライパンってお手入れが難しいと思っていませんか?実は使い方も、お手入れも楽。この鉄フライパンは最初に行う「油慣らし」も必要ありません。今回ご紹介するのは、鍛冶職人・河原崎貴さんの鉄フライパンで...

2021/05/22 09:53

毎日着る割烹着ガウン

私のお気に入りをご紹介します。毎日のように着ている割烹着ガウンです。 岩手県一関市で100年続いている染物屋「京屋染物店」のブランド「en.nichi」の割烹着です。安全な素材として「エコテックス」の認証...

2021/03/28 09:36

宮本しばに選-台所道具と出会う-展 Vol.3

「宮本しばに選-台所道具と出会う-展 Vol.3」今年で3回目となります。コツコツと集めた台所道具の秀作たちが勢揃い!オンラインショップにない道具もたくさんご用意しています。土鍋、すり鉢、土瓶、木工製品、鉄...

2021/02/10 15:13

「陶房 窯八」の訪問

「陶房 窯八」は南アルプスの麓にひっそりとあります。studio482+からは車で1時間半弱。車で行けるところにこんな素敵な窯元があったなんて!窯八は年に3回、薪窯で赤松だけを使って、4日間かけて焼きます。(最...

2021/01/23 14:35

手で簡単に裂ける万能布ロール「さささ」

「さささ」は和晒の万能布。ミシン目付きで、簡単に手で切り取ることができます。まるでペーパーロールみたい! ロールは7m。長さ34cmごとにミシン目が付いています。幅36cmx長さ34cmの布が20枚。たくさんあ...

2021/01/23 13:48

小粒で力持ち・台所の小道具展

「小つぶで力持ち・台所の小道具展」上田市「本屋未満」(旧NABO)でstudio482+のSHOP展を開催。木工製品、金属製品、布製品、陶器など、小回りの利く道具を集めました。今回は特別に宮城県竹細工の「竹籠」や「...

2021/01/20 16:02

アノニマスタジオ・素描料理第8回「黒豆の揚げだんご」

正月のおせち料理にかかせない黒豆を、潰して、だんごにして揚げます。我が家の冬のごちそうです。大豆の一種で、黒くて大粒で、味わい深い黒豆。特に丹波の黒豆は極大粒で、炊いて食べるだけでもおいしい。土鍋...

2020/12/07 17:04

一年中楽しめる正月料理

光文社ウェブサイト「kokode」の特集ー小盛りで華やぐお正月・年中楽しめるお正月料理」でレシピを担当させていただきました。「筑前煮」「乾物を使った八宝なます」「ほうれん草のいなり揚げ巻き」テーブルコー...

2020/10/10 15:07

「食と衣の宝もの」展のご案内

今年の春からはイベントやワークショップもなくなり、静かな時間を過ごしていまして、動きが止まったなかで何ができるか、今は思案中です。そんな中で、友人である東慶寺(臨済宗 北鎌倉)の井上紀子さんから企...

2020/09/26 12:37

双葉商店の「いちょうのまな板」

ご好評の双葉商店「イチョウのまな板」が本日、再入荷致しました。プロの料理人も使いやすいと絶賛するイチョウのまな板を作り続けて60年。双葉商店は福井・越前の山奥から切り出したイチョウだけを使い、一枚板...

2020/08/26 10:46

アノニマ・スタジオWeb連載「宮本しばにの素描料理」

去年9月からスタートした、アノニマ・スタジオWeb連載「宮本しばにの素描料理」。私がつけた造語「素描料理」については、この連載を通して、この1年いろいろ考えました。_簡素に、余計なものはできるだけ省く...

2020/06/21 14:31

煎る道具

「煎る」この調理法は縄文時代、土器が作られるようになってからが始まりとされています。大昔は木の実などを煎っていたのでしょうか。現代ではすでに煎って販売している食材がほとんどですね。もったいない......

2020/05/02 09:40

宮本しばに選 - 手仕事の道具と出会う - 展開催のお知らせ

宮本しばに選 -手仕事の台所道具と出会う- 展去年に引き続き2回目となる、ギャラリー・カフェ「GULIGULI(大阪池田市)」でのSHOP展を、今年は予約制で開催することになりました。世の中がひっくり返っているな...

2020/03/04 11:41

柿渋屋が染めた台拭き「柿渋ふきん」

この「柿渋ふきん」は、京都山城の「トミヤマ」が製造販売しています。柿渋を製造販売している会社です。柿渋とは、青いうちに収穫した渋柿を搾汁して発酵熟成したもの。塗料、染料、民間薬として昔から使われて...

2020/02/07 10:57

京都・恵文社一乗寺店で「手仕事の台所道具展」開催

京都・恵文社一乗寺店で「手仕事の台所道具展」を開催致します。 今年は34の道具を出品しまーす。 今回、新しく出品するのは、 ・木曽の職人が製作した「中華せいろ」 ・拭き漆の2段桐弁当箱 ・宮島工芸所の「特...