2018/08/16 09:36

「道具を知る・道具で遊ぶ」と題したWSのご案内です。
今年で3回目となります。

場所は京都南丹市。「ごまろぐ」は京都市内からは電車で1時間ほどでしょうか。美しい田園風景が広がっているところです。


「ごまろぐ」(ログハウス)の前の風景。車がほとんど通らない場所にあります。


「ごまろぐ」の主宰者である谷尾ご夫妻は自然藍染の作品や布作品を手がける工房を営んでいます。

澄んだ美しい藍色。展子さんの刺繍世界は、どこにもないものばかり。
ここで仕事をやらせていただけることの何とありがたいことか。

ちなみに谷尾展子さんはブランド「こちょこちょ」を立ち上げ、こんな作品をオンラインで販売しています。

「こちょこちょ」web shop


道具はたくさんあればいいというものではありません。
「これ」という道具で日々の食事を全て賄うことができると、
心も整理され、料理も変わり、仕事が楽になっていきます。
道具を友とし、お互いに愛情を伝えながら料理していく。
自分の新たな発見に繋がります。

時間を忘れ、1日、京都の緑豊かな場所で一緒にお料理を愉しみませんか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「道具を知る・道具で遊ぶ」ワークショップ

【メニュー】
遊ぶ 1 鬼おろしを使って「おろし冷やかけ蕎麦」
遊ぶ 2 土鍋、すり鉢を使って江戸料理「ふわふわ豆腐」
遊ぶ 3 南部鉄フライパンを使って「鉄フライパンの焼き野菜グラタン」

道具の特徴、使い方、実践(料理)と、3段階で学んでいきます。

全員にしっかり理解していただくため、定員は5名のみ。お申し込みはお早めに!

【参加費】
4,500円(材料費・保険料含む)
※この講座は中学生以上対象です。小学生以下のお子さまのご同伴は、ご遠慮ください。

【会場】
ごまろぐ(京都府南丹市日吉町胡麻岡28)
JR山陰本線「鍼灸大学前」駅より、約2km。
(お車でお越しの方) google map「ごまろぐ」で検索。会場に直接お越しください。無料駐車場あり。
(電車でお越しの方)JR山陰本線「鍼灸大学前」駅 10:09到着の電車にご乗車ください。送迎いたします。

【持ち物】
エプロン

【お問い合わせ お申し込み】
こちらまでお問い合わせくださいませ。


FBのイベント主催者「田舎の農地から暮らしを考える」でも詳細を掲載しています。

(「田舎の農地から暮らしを考える」はごまろぐさんが行うイベントです。)


*こちらは定員に達しましたので、締め切りとなりました。